お知らせ 友だち追加

こころ整体整骨院トップページ > 未分類 > 足の内側のスポーツ障害の有痛性外脛骨について

足の内側のスポーツ障害の有痛性外脛骨について

2020.06.07

六甲道こころ整体整骨院の大野です。

本日は足の障害の外脛骨というものについて質問がありましたのでまとめてみました。

外脛骨というものは。。。 足の足根骨の舟状骨という骨の内側の方にある過剰な骨(普通は無い余分な骨という意味です)で人口の16~21%の人に見られると言われています。

その多くのものは骨の出っ張りがあるだけなのですが、これに痛みが出るような状態を有痛性外脛骨と言います。

有痛性外脛骨は若年者のスポーツ障害として数多く見られる疾患の一つですが、時々成人になって疼痛が発症することもあります。 多くのものは捻挫をしてから足部内側に痛みが出現しますが、ときどき明らかな原因もないのに痛みが出てくることもあります。足の内側には疼痛を伴う骨性の出っ張りが認められ、ほとんどの場合が扁平足を伴います。

有痛性外脛骨は、足の内側に骨性の出っ張りが認められ、同部に自発痛および圧痛を伴います。

解剖学的には同じ部位に後脛骨筋という筋肉の腱が着いているため、この腱の走行を辿ると外脛骨の部位が簡単に確認できます。

また多くの場合で土踏まずが低くアーチのない足、いわゆる扁平足、かいちょう足(過度に開いた状態の足)の傾向のある足をしています。

まずは電気治療の一種のMCR(マイクロカレント波)やアイシングで腫れがおさまるのを待ち、患部への超音波、後脛骨筋をゆるめるマッサージ、鍼灸施術を行う。アーチの低さから来ることからアーチの形成をサポートするテーピング、後脛骨筋をゆるめるテーピングなども行う。

また後脛骨筋は足関節の内反(内返し)の作用、動きもあるのでこの後脛骨筋が固まったりなどして機能していないと足の内返しの捻挫を起こしやすくなるので後脛骨筋は緩めておいた方がいいです。

また筋膜でも運動、スポーツのパフォーマンスをアップさせるのに大事な筋肉と繋がっているので後脛骨筋はしっかりほぐしましょう。やり方などわからなこれば整形、整骨院、鍼灸院の先生などに頼ってみてください。

特に鍼灸施術がおススメなので良い先生に巡り合えますように。

症状が長引くケースや繰り返し疼痛が出現するようなケースではギプス固定を行ったり、足底板(アーチサポート)を装着させる方法が有効なこともあります。殆どの場合これで症状は改善しますが、極一部のケースで手術療法が必要となることがあります。

 

 

こころ整体整骨院の場所はこちら ➡こころ整体整骨院GoogleMAP

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0788436588

住所
〒657-0028
兵庫県神戸市灘区森後町3丁目5-41
診療時間
月・火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
アクセス
JR六甲道駅から徒歩3分、阪神新在家駅から徒歩12分、阪急六甲駅から徒歩10分

0788436588

六甲道こころ整体整骨院公式LINE
友だち追加
/LINE@限定割引も配信中\

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー
系列院のご案内

/滝の茶屋商店街にあります\


/長田商店街内にあります\


/月見山駅スグ!\


/志染駅からスグ!\


/名谷駅の近く\


/深江の住宅街にあります\


/西神南駅の構内!\


/大津和下車で20秒!\


/玉津インター コーナン向かい\


/明石、西新町駅近く!\

こころ整体整骨院

  • 所在地

    〒657-0028
    兵庫県神戸市灘区森後町3丁目5-41

  • 診療時間

    月・火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

  • アクセス

    JR六甲道駅から徒歩3分、阪神新在家駅から徒歩12分、阪急六甲駅から徒歩10分

エキテン口コミランキング1位
pagetop